WiFi Positioning System

Last edited on 2011/04/23 (土) - 9:41

AndroidにはWifiを利用した位置検出の仕組みが入っている。Android の設定メニュー、「位置情報とセキュリティ」の中に「ワイヤレスネットワークを使う」という項目があり、ここのチェックを入れると、

Googleの位置情報サービスによる匿名化された位置データの収集を許可します。データ収集はアプリケーション起動の有無にかかわらず行われます。

というメッセージが出て同意を求められる。

何が収集されるのかというと、Skyhook Wireless や PlaceEngine と同じ仕組みだとすると、MACアドレスと位置情報の組み合わせではないかと思う。

[追記]このサイトで確認できるようです。うちのWiFiのMACアドレスを入れたら自宅付近が表示されました。
http://samy.pl/androidmap/

Skyhook Wireless のWifi Positioning System は iPhone で Google Mapsが使っているらしい。Android でも Locale や Gowalla が使っているとのことだ。

Skyhookの方は、Wardrivingでデータを集めたとのこと。つまり車で走りながらWiFiのデータを片っ端から集めたということだ。Skyhookのサイトにあるエリアマップで日本のエリアを見ると国道1号線や中央高速を走った様子がわかる。また、ユーザが Skyhookのサイトから MACアドレスと位置情報を Submitすることもできる。

ひとつ言えるのは、もし自宅のMACアドレスがばれたら、自宅の位置もわかってしまうだろうということ。もはやWiFiのMACアドレスも守るべき個人情報であるようだ。