Androidのバックアップツール3種

Last edited on 2010/07/05 (月) - 18:28

ROMアップデート後にはすべての設定をやり直ししていた。Apps2SDでアプリをSDに置くようになってからは、たいていのアプリはそのまま動くが、再インストールが必要なアプリもある。また、アプリ設定は基本的にやり直しだ。ROMアップデート後に設定を元に戻すためのバックアップツールがいくつかあるようなので試してみた。やってみたのは、MyBackup、Backup for Root User、switchrom.sh の3種類。

MyBackupはMyBackup Pro v2.0.1 に詳しく書かれている。また、switchrom.shについては、nandroid Backup を拡張する switchrom.shに詳しく書かれている。 使い方等はこれらのページを見た方がいい。ここでは使ってみて気がついたことをいくつか書いておく。

[2010/7/5] Root権限ありで使用するなら、Titanuim Backup が最強です。 Root権限無しなら、MyBackup Proが良いと思います。

MyBackup Pro V2.0.1


MyBackupは役に立ちそうなので有料アプリを買ってしまった。MyBackupはインストールしてあるApplicationsと各種Dataをそれぞれバックアップすることができる。Dataの種類は以下の通り。

・Contacts, Call Log, Bookmarks, SMS, MMS, System Settings, Home Shortcuts, Alarms, Dictionary, AK Notepad, aTrackDog

AK Notepad と aTrackDog はアプリがMyBackupと連携しているのだろう。ApplicationsのBackup/Restoreはapkファイルを待避させておき、Restore時に再インストールするというものだ。SDカード経由でアプリをインストールするのと同じなので「提供元不明のアプリ」のインストールを許可しておく必要がある。大量のアプリをRestoreするのは結構めんどくさい。

Apps2SDでアプリをSDカードに置いていれば、たいていのアプリはそのまま動く。しかし、FrickWnnのように再インストールが必要なアプリもあり、そんなときにMyBackupが役に立つ。

System SettingsのRestoreでたいていの設定は元通りになる。しかし、Localeの設定のようなアプリ設定は元に戻らなかった。また、Apn設定も元に戻らなかった。

Backup for Root User

実行するためにRoot権限を必要とする。Backupできるデータは以下の通り。チェックボックスの項目ごとに、SDカード内のファイル(ディレクトリ)名と元のファイル(ディレクトリ)名を示す。

  • Alarms
    alarms.db : /data/data/com.android.alarmclock/databases/alarms.db
  • Apn
    apns-conf.xml : /etc/apns-conf.xml
  • Apk
    app : /data/app/*
  • Market db
    assets.db : /data/data/com.android.vending/databases/assets.db
  • Bookmarks
    browser.db : /data/data/com.android.browser/databases/browser.db
  • Contacts/Calls
    contacts.db : /data/data/com.android.providers.contacts/databases/contacts.db
  • Data
    dataNoSys : /data/data/*
  • Playlists
    external-*.db : /data/data/com.android.providers.media/databases/external-*.db
  • Shortcuts
    launcher.db : /data/data/com.android.launcher/databases/launcher.db
  • Sms
    mmssms.db : /data/data/com.android.providers.telephony/databases/mmssms.db
  • Dictionary
    user_dict.db : /data/data/com.android.providers.userdictionary/databases/user_dict.db
  • Settings
    ???

Dataの説明のところにBackup/Restore your appdata とあり、たぶんこれでLocaleの設定も元に戻った。これが一番役に立った。Apnとあるが自分で追加したApn設定は元に戻らなかった。/etc/apns-conf.xmlをそのままコピーしているようで、このファイルはAPNの初期設定用のファイルらしい。カスタムROMを入れた場合、mopera UのAPNを自分で追加設定するが、それは元に戻らないようだ。Shortcutsを戻すにはRebootが必要なようだ。

MyBackupとBackup for Root Userを両方使うことで、ROMアップデート時の再設定がずいぶん楽になった。併用による害は特にないと思う。

switchrom.sh

こちらはMyBackupやBackup for Root User とはちょっと違う種類のBackupツールである。最近のカスタムROMはSDカードに2ndパーティションにあると自動的にこのパーティションを/system/sd にマウントし、SD上にアプリを置くことができるようだ。nandroidでバックアップを取ってもこの領域はバックアップされないが、このツールでBackup/Restoreすることができる。

いかんせんnandroidと組み合わさっているので、私のHT-03Aではnandroidが使えないため、このツールも使えないだろう。

ただ、スクリプトの中身を見ると、/system/sd/app* と /system/sd/dalv* を tar で固めているだけなので、必要に応じて手動でもできるだろう。