結局、CPUガバナーはどれがいいのか

Last edited on 2012/05/30 (水) - 21:02
CPUガバナー選択画面

Root権限を取得してSetCPUを使うとCPUのクロックを制御するCPUガバナーを選択することができます。カスタムROMによっては多数のガバナーに対応しており、いったいどれを選べばよいのやらと思ってちょっと調べてみました。

CPU governor 所感 ~ANDROID~ (日本語)

[REF][TWEAKS] Kernel Governors, Modules, I/O Schedulers, CPU Tweaks, AIO App Configs (英語)

XDAの方は詳細な情報がまとめられていてまさに保存版といったところ。

PerformanceをとるかBattery LifeをとるかでCPUガバナーを選択することになるようですが、バランスのいいのは lulzactive と smartassV2 らしい。

XDAの資料によると、
Lulzactiveは、CPU負荷が60%を超えるとCPUのクロックをスケールアップさせます。逆に負荷が60%を下回るとスケールダウンさせます。また、画面オフのときはミニマムのクロックに固定させます。

smartassV2は、急速に”最適なクロック”へ移行させてその後は緩やかに変動させます。最適なクロックは画面オン時と画面オフ時のそれぞれに設定されています。画面オフになると急いでCPUをスケールダウンさせ、画面オンになると急いでスケールアップさせます。画面オン時のGalaxyS2のデフォルトは500MHzだそうです。

で、私の設定は Lulzactive にしてみています。