印刷用ページ、PDFバージョンを提供する

Last edited on 2012/07/07 (土) - 21:53

たまたま以下の記事、

Seven Expert Tips For Outstanding Web Writing

を読んでいたら、印刷用ページを提供しようという記述があった。そう言われてみれば多くのサイトで印刷用ページやPDFのページにアクセスできるようになっている。長い記事やシリーズものでは印刷できた方が良いとのことだ。確かに、Drupalのブックページではブックページ全体をまとめて印刷できるように、印刷用ページへのリンクを出す設定が可能である。

今回は、ブックページ以外のページにも印刷用ページへのリンクを出せるように新たにPrinter, e-mail and PDF versionsというモジュールをインストールした。このモジュールは各コンテンツに印刷用ページ、PDFバージョン、メールで送る機能のそれぞれへのリンクを設置することができる。

このモジュールを使うためにはPDF化ツールを別途インストールする必要がある。このモジュールがサポートしているのは、dompdf と TCPDFの2つだが、dompdfはunicodeが使えないのでTCPDFを使うことにした。

http://sourceforge.net/projects/tcpdf/

からダウンロードして、sites/all/libraries/ の下へインストールする。以前は print モジュールの配下(sites/all/modules/print )に置くようになっていたが、最近は外部ライブラリは /sites/all/libraries/ の下に置くようになっている。

さらに日本語のフォントを追加する必要がある。

http://snowland.net/nucleus/item/1412/catid/7

を参考にして、IPAフォントを入れてみたところうまくいった。