software

Androidの自動設定アプリを Locale から Tasker に移行中

Tasker プロファイル

TaskerもLocaleも「○○という状態になったら(条件を満たしたら)、××を設定する(実行する)」ということができるアプリです。例えば、自宅に帰ったらWi-FiをONにする、会社ではサイレントモードにする、バッテリーが減ったら画面を暗くする、などなど。Taskerを使ってみると、なるほど思いつくことはなんでもできそうに思えてとっても便利です。そのかわり、タスクの設定の仕方は複雑である程度の予備知識がないと難しそうです。アプリを起動しても何が何だかわからず途方にくれるでしょう。

TS-109にOpenVPNを建ててAndroidから繋げるようにした

公衆無線LANからより安全にインターネットにアクセスするために、NAS(TS-109)にOpenVPNを建ててAndroidから繋げるようにしました。

自宅のルータはWHR-HP-G300Nという機種でもともとPPTP機能が付いているのですが、あいにくspモードはPPTPに接続できません。そこで自分でNASにOpenVPNを設定することにしました。

Android用 Google Reader アプリの比較

Android用 Google Readerアプリとして、今までずっと NewsRob を使ってきましたが、他にもいろいろ良さそうなアプリが出てきているので試してみました。私のGoogle Readerへの登録フィードは50件くらいです。あくまでPCで読むのが中心です。スマートフォンで読むことは実はあまり多くありません。

以下、各アプリの個人的な印象です。

ルートを取ったら必ず入れるべきアプリ ROM Toolbox

ROM Toolbox 初期起動画面

とはいうものの、今まで知りませんでした。アプリの紹介によるとrootedユーザは MUST HAVEなんだそうです。簡単にいうと TitaniumBackup、SetCPU、ROM Managerなどルート化したあとに入れるべきツール類の各機能を1つにまとめたようなアプリです。それはもういろいろな機能がてんこ盛りです。

ページ

RSS - software を購読