野鳥

銚子漁港へカモメを見に行く

野鳥ファンにとってはカモメで有名な銚子漁港に行ってきました。あとで調べてわかったのですが、銚子漁港というは日本一の水揚げ量を誇る漁港なのですね。とても広くて大きくて、普段見慣れている漁港のイメージとはかけ離れていました。第二漁港などは埠頭を大型トラックが魚を積んでがんがん行き交っており、車の邪魔にならないように気をつけなければなりませんでした。

荒崎公園から長井漁港、富浦公園、くつわ堰

光が丘水辺公園でオシドリを見た後、荒崎公園から長井漁港、富浦公園、くつわ堰と回りました。特に珍しい鳥はいませんでしたが、比較的天気も良く、楽しく回れました。

まだ正月休み(1月4日)ですが、平日ということで荒崎公園の駐車場は無料でした。夕日の丘にトビがいました。ピクニックの丘ではジョウビタキを見かけました。

光が丘水辺公園のオシドリ

年明け最初の鳥見は、光が丘水辺公園へオシドリを探しに行きました。○○がいると聞きつけて出かけるということはあまりしないのですが、割と近い場所ですし、行ったことのない場所なので、オシドリが見つからないとしても、まあ一度は行ってみたい、ということで出かけました。朝は早いほうがいいだろうと思いましたが、8時半開園ということでややゆっくりめに出かけました。

ページ

RSS - 野鳥 を購読