Drupalで見ているページのQRコードを表示する

mobile_codes というDrupalのモジュールを使って、今見ているページのQRコードを左サイドバーに表示してみた。

用途としては、見ているページをあとで携帯から見たいと思ったときに簡単にリンクを送れるということを想定している。

以下の手順でできた。

1.mobile_codes モジュールを導入する。
2. 表示用のブロックを作成する。内容はなんでもいいからダミーを入れておく。というのは、実際の表示は、block-block-{id}.tpl.php を使って行うため。
3.2で作成したブロックのidを調べる。一度表示させて、そのページのソースを見てみる。すると、該当箇所に以下のようになっているはず。 Read more about Drupalで見ているページのQRコードを表示する

さくらインターネットのサーバーバージョンアップで起こったこと

さくらインターネットのサーバがバージョンアップした。

1.まず、独自インストールのPHPをCGIとして使ったWEBがエラーでアクセスできなくなった。
再度、PHPをインストールして解決。

2. Plaggerが動かなくなった。ライブラリのバージョンが整合していないため。これは、自分でインストールしたCPANを使ってPlaggerをインストールしたのだが、その時一緒に持ってきたライブラリの方を使っていたため。具体的には、DateFormat::Locale が古かった。

  • 独自インストールのCPANをUpgrade
  • ライブラリを全部 Upgrade

UbuntuとWindowsXP のデュアルブートで起動しなくてあせった

思うところがあって、UbuntuとWindowsXPとのデュアルブートにしてみた。起動しないトラブルにはまってしまったので書いておく。

要約すると、HDDが2台あるPCのHDD1台(Boot用)をパーティションで分け、デュアルブートにしたところ、Ubuntuのインストールの際に Grub をもう一つのHDD(データ用)にインストールしていたため起動しなかった、ということだ。 Read more about UbuntuとWindowsXP のデュアルブートで起動しなくてあせった

ipkg のインストール

QNAP TS-109 への ipkg のインストールについて書いておく。

インストールしたのはQPKGがリリースされるより前だったので手動でインストールした。今はQPKGを使ってインストールすればよい。当時、参考にしたのはQNAPのForumの以下のページである。今はこのページにも簡単な方法(The Sit Back Approach)としてQPKGを使ったやりかたが書いてある。

[Optware/Ipkg] Install any Linux app on TS-109/209/PRO (UPD)

ここにある、The Hands-On Approach の方でインストールした。

従来の方法でインストールしたipkgをQPKGに移行する方法というのもあって、それがこのページ。 Read more about ipkg のインストール

read more (続きを読む)リンクの表示位置を変えてみた

トップページの read more (続きを読む)の位置が変わったのにお気づきだろうか?

Drupal の標準では、トップページには各コンテンツ(node)の先頭部分(teaser)がリストとして表示される。先頭部分だけなので、残りを読むために read more (続きを読む)というリンクが付けられる。

その「read more (続きを読む)」リンクの表示位置なのだが、Drupalの標準では他のリンクと一緒に下部に表示され、非常にわかりにくいのではないかと前から思っていた。個人的には本文の切れ目の直後に置くのが好みである。 Read more about read more (続きを読む)リンクの表示位置を変えてみた

ページ

Nyanchew's Digital Life RSS を購読