MySQLのテーブルの照合順序をUTF-8にする

コンテンツを作成するときに、英語、日本語以外の文字コードが保存されず、'?' になってしまうことに気がついた。たとえば、ṃ なんていう文字がそうだ。MySQLの文字コードはUTF-8のはずなのにおかしいな、と思って調べてみた。

結論からいうと、node_revisions というテーブルのbodyフィールドの照合順序を utf8_general_ci にすることによって正しく保存されるようになった。body フィールドの照合順序が ujis_japanese_ci になっていたのがまずかった。

パケホーダイダブル VS パケットパック 再び

ドコモのパケホーダイダブルの下限が490円に引き下げられた。

しかし、あくまで下限が引き下げられただけで、値下げでは無い。12250パケット使うと以前の下限である1029円になり、以後、同様にパケット代が加算される。というわけで、以前やってみた比較とほとんど変わっておらず、今でもほとんど電話しない私にとっては、パケットパックを継続しておくほうがよい。

Drupal 6への切り替え完了

とりあえず Drupal 6への切替が終わった。

細かいことはまだわからないことが多く、追って書くとして、大きな変更は:

・テーマの書き方が大きく変わって、5.xのものをそのままコピーしただけでは動かなかった。
・View がバージョン2になって大きく変わった。
・multilingual の仕組みが大きく変わった。
・Amazonなどモジュールの対応がなくなったものがいくつかある。

など。

Drupalで見ているページのQRコードを表示する

mobile_codes というDrupalのモジュールを使って、今見ているページのQRコードを左サイドバーに表示してみた。

用途としては、見ているページをあとで携帯から見たいと思ったときに簡単にリンクを送れるということを想定している。

以下の手順でできた。

1.mobile_codes モジュールを導入する。
2. 表示用のブロックを作成する。内容はなんでもいいからダミーを入れておく。というのは、実際の表示は、block-block-{id}.tpl.php を使って行うため。
3.2で作成したブロックのidを調べる。一度表示させて、そのページのソースを見てみる。すると、該当箇所に以下のようになっているはず。

さくらインターネットのサーバーバージョンアップで起こったこと

さくらインターネットのサーバがバージョンアップした。

1.まず、独自インストールのPHPをCGIとして使ったWEBがエラーでアクセスできなくなった。
再度、PHPをインストールして解決。

2. Plaggerが動かなくなった。ライブラリのバージョンが整合していないため。これは、自分でインストールしたCPANを使ってPlaggerをインストールしたのだが、その時一緒に持ってきたライブラリの方を使っていたため。具体的には、DateFormat::Locale が古かった。

  • 独自インストールのCPANをUpgrade
  • ライブラリを全部 Upgrade

UbuntuとWindowsXP のデュアルブートで起動しなくてあせった

思うところがあって、UbuntuとWindowsXPとのデュアルブートにしてみた。起動しないトラブルにはまってしまったので書いておく。

要約すると、HDDが2台あるPCのHDD1台(Boot用)をパーティションで分け、デュアルブートにしたところ、Ubuntuのインストールの際に Grub をもう一つのHDD(データ用)にインストールしていたため起動しなかった、ということだ。

ipkg のインストール

QNAP TS-109 への ipkg のインストールについて書いておく。

インストールしたのはQPKGがリリースされるより前だったので手動でインストールした。今はQPKGを使ってインストールすればよい。当時、参考にしたのはQNAPのForumの以下のページである。今はこのページにも簡単な方法(The Sit Back Approach)としてQPKGを使ったやりかたが書いてある。

[Optware/Ipkg] Install any Linux app on TS-109/209/PRO (UPD)

ここにある、The Hands-On Approach の方でインストールした。

従来の方法でインストールしたipkgをQPKGに移行する方法というのもあって、それがこのページ。

ページ

Nyanchew's Digital Life RSS を購読