Add new comment

SBAS送信衛星の切替: ひまわり7号からみちびき3号機へ

Last edited on Sat, 2020-03-07 15:37

航空用のGPS補強情報であるSBASは、現在、MTSATー2 (ひまわり7号機)から送信されていますが、MTSAT-2は寿命を迎えるためこの春にみちびき3号機に切り替えることになっています。みちびきのサイトによると2020年4月からの予定ということですが、すでに送信を始めているようです。

Q. みちびき3号機SBAS(L1Sb)信号によるSBASサービスが開始されるのは、2020年頃からでしょうか?
A. みちびき3号機SBAS(L1Sb)信号によるSBASサービスは、2020年4月からサービスを開始する予定です。
https://qzss.go.jp/overview/faq/index.html#faq7_12

Raspberry Pi 2に繋いだGPSモジュールを久しぶりにいじっていたら、gpsmon コマンドの出力に現れていました。PRN137のSBAS信号が方位角201°の衛星から送られてきています。

gpsmonの出力

みちびきの衛星運用状況のページを見るとこのようになっていました。

みちびき衛星運用状況

おそらく試験放送だと思いますが、いよいよ来たなという感じです。