オーディオ/音楽

気に入った音楽の見つけ方

私の Last fmのページを見てもらえればわかるように、基本的にジャズ・フュージョンと言われる分野の音楽が好きで聴いている。

昔好きだったプログレも聴いているし、Popsのヒット曲も聴いている。昔の洋楽を聴くのには Napster が便利でよく使っている。月額1280円のBasicコースに入っているが、料金としては微妙なところだ。

新しい音楽も聴きたいと思い知らない人の音楽もときどきトライしている。見つけるパターンはだいたい以下だ。

  1. Napsterのチャンネルやプレイリスト

音楽データの管理

手持ちのCDはほぼすべてPCに保存してあり、もっぱらPCで音楽を聴いている。保存形式はほとんどWindows Media Audio LossLessである。実はビットレートはあまり気にしていなかったのだが、SE-90PCIを買ってから、音質の善し悪しが気になり始めた。

CDをリッピングしてPC保存を始めたのは数年前だが、初めたばかりの頃は192Kbps固定で取り込んでいた。Windows Media Audio LossLessに変えたのは途中からだ。そこで、もう一度見直して192Kbps固定で保存したデータをリッピングし直すことにした。この際だから、WAVで取り込むことにし、リッピングソフトも評判のいいExact Audio Copyを使うことにした。

まだ作業途中だが、データはNASに保存してあり全部で461アルバム、4183曲、約130Gほどある。

曲の再生にはWindows Media Playerを使っている。WMPでライブラリにあるアルバム数や曲数をどうやって数えればいいのかずっと疑問だったが、やっとわかった。ライブラリのアルバムまたは曲を表示して、全部を選択すれば右下に表示される。

ところで、Windowsで良い音質で再生するためにはASIOドライバーを使うとよいらしいが、SE-90PCIはASIOに対応していない。だから、foobarやlilithなどは使っていない。

SE-90PCIでほぼ満足と思ったが、いろいろ調べてみるとPCオーディオにもピュアオーディオのような世界があって奥が深い。

Subscribe to RSS - オーディオ/音楽