TS-109 HDD 入れ換えのメモ

・TS-109のHDDがRead Onlyでマウントされたことに気づく
・管理ページからHDDをScanする
→ Bad Blockが多発
・Amazonで新しいHDD購入(WD Red)
→ 1台だけ。D:のBackUp用のSeagateをTs-109 へ。新しいHDDをD:へ
・バックアップの確認
→ sayaka のBackupがなかった。WinSCPを使って手動でBackup
→ 後で気づいたが、Qwebのバックアップが古いままだった。→いろいろデータが消えた。
→ /opt (/share/HDA_DATA/.qpkg ) を丸ごと手動バックアップ
→ TS-109の管理ページからSettingsをバックアップ(重要)
・TS-109を何度かリブートするもReadOnlyでマウントされる
・e2fsck -p /dev/sda3 実行 → 自動修復できないので -p を外してマニュアル実行せよと出る
・e2fsck -y /dev/sda3 実行 → 通常通りマウントされる。元に戻ったかに見える
・管理ページからHDDのTest(rapid test) → read error → Status が Good から Normalに変わった
・新しいHDDをPCに接続し、古いD: から データをコピー(FastCopyという高速コピーソフトを使用)
・古いD:(Seagate)を外して、TS-109へ。
・TS-109は完全に最初から設定しなければならない。
→ Qfinder Proをインストール。最初、設定がうまく行かなかったがファームウエアのインストールが失敗していた模様。
→ Qfinder Pro から手動でファームウエアをインストール → 管理ページが読み出すことができた。
・SettingsをRestore → ほとんど元に戻る。
・IPKGを新しくInstallしようとしたが、すでにサポート無し。リンク無し。
→ 代替の EntwareはTS-109では使えない
→ ネットで検索すると IPKGの.qpkgファイルが見つかるが、/optのバックアップを元に戻せばそれでOK
・D:のデータをTS-109に戻す