SC-02C の紛失対策

ロックスクリーン画面

SC-02C をどこかに置き忘れたらどうするかを考えてみました。

まず最初に押さえておかないといけないことは、そもそも SC-02Cは誰でもROMが焼けてしまうのです。ですから、知識のある人なら他人のSC-02Cのユーザデータにアクセスすることはたやすいことです。これはルート化している/いないに関係なく、それ以前の話です。ちなみに bootloader を unlock したHTC端末、ソニエリ端末も同じです。

そういうリスクがあることは頭にいれつつも、そうは言っても普通の人はそんなことしないでしょうから、紛失した時の対策は施しておいたほうがよいでしょう。例えば、画面ロックはかけておいた方がよいでしょうし、ルート化して使っているのなら、USBデバッグをOFFにしておくことは意味があると思います。

以下の項目はできるようになっているといいのではないかと思います。

1) 画面ロックをかける
2) 遠隔操作で位置検出できるようにする
3) 紛失時にメッセージを表示できるようにする
4) 遠隔操作でワイプできるようにする

そもそも、なくさないようにすることが重要です。

画面ロックをかける

誰かが端末を拾ってくれたとして、悪意はなくてもつい興味本位で中を見てしまうということがあるかもしれません。画面ロックはかけておくべきだと思います。パスワードのほうがセキュリティレベルが高いのですが、パターンロックでも十分ではないでしょうか。

悪意のある人にわたった場合、ごにょごにょしてデータを吸い出す技術が無いとしても、SIMを抜いて転売しようとするかもしれません。その場合でもロックがかかっていれば他人には使えません。ひょっとすると、リカバリーモードで起動してファクトリーリセットされるかもしれませんが、逆に、それで盗られるならあきらめもつく?というものです。

私は juicedefender の設定でスクリーンOFFから5分後にロックがかかるようにしています。また、Screeblというアプリを使って使用中はスクリーンをOFFしないように設定しています。

JuiceDefender を使って Androidのバッテリーを節約する

Screebl でバッテリーを節約する

遠隔操作で位置検出できるようにする

どこかに置き忘れた場合、まだそのままになっているかもしれません。また、誰かが拾ってどこかに届けてくれたかもしれません。とりあえずいま端末がどこにあるかわかるようにしておくといいでしょう。

SC-02Cの場合、Samsung Diveが使えます。いつでも使えるように設定しておきましょう。

Samsung Dive で Galaxy S2 をリモートロック

紛失時にメッセージを表示できるようにする

世の中悪人ばかりと考えるのもどうかと思います。親切なだれかが拾ってくれたとして、どのようにして欲しいのかとか、こちらの連絡先などを表示できるとよいと思います。これも Samsung Diveでできます。

遠隔操作でワイプできるようにする

どうしても見つからなかったらリモートでユーザデータを消去できるようになっていると少し安心かもしれません。Samsung Diveでできます。

紛失対策アプリ

ちょっと調べてみると紛失対策アプリはたくさんあります。Samsung端末以外を使う場合はこのようなアプリを入れておけばいいのではないでしょうか。

2012紛失盗難対策アプリBEST21星取表