Raspberry Pi を無線LANで接続する方法

Last edited on 2014/02/15 (土) - 11:11

Raspberry Piを無線LAN対応にするのは意外と簡単で、検索すればやり方がたくさん出てきます。

無線LANのアダプターはこれを使いました。

画像: BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM
メーカー: バッファロー
部品番号: WLI-UC-GNM
価格: ¥ 1,500

これをUSBに挿すだけで認識します。(Raspberry Piが動いている時に挿すと再起動します。)


pi@raspberrypi ~ $ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0424:9512 Standard Microsystems Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. 
Bus 001 Device 004: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]

次にWLANの設定をします。

$ sudo wpa_passphrase >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf $ sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.conf の中身はこんな感じ。ssidとpskの値はダミーです。


ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="SSID"
        proto=WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=TKIP CCMP
        group=TKIP CCMP
        #psk="ASCII PASSPHRASE"
        psk="Generated WPA PSK"
}

あとは /etc/network/interfaces を編集して、wlan0 の設定をいままでの eth0 の設定と同じにすればOK.