QNAP TS-109を買った

Last edited on 2011/05/08 (日) - 17:00

QNAP のTS-109 というNASを買った。
(2008年当時、まだQNAPの日本代理店が無かった頃、QNAP Rocks! というサイトを運営されていた方を通じて購入しました)

QNAP製品については、QNAP Club Japan というサイトがある。

このNASのいいところは以下である。

  • ファンがついていないのでとても静かである。
  • いろいろアプリケーションがついており、また自分でソフトをインストールすることもできて、ハッキング魂をくすぐる。ユーザ同士の情報交換も活発で、QNAP社のファームウェアUpdateも頻繁にある。

実は玄人志向のGW3.5MX2-SLAN/CB というRAID機能付きのNASを買って使っていたのだが、あまりの騒音に我慢ができなくなった。ファンがないというのはやはりすごいことで、ディスクアクセスのカリカリいう音以外何も聞こえない。
アルミの筐体でうまく放熱しているので、室温24度で使用していてHDDの温度は39度である。

QNAP社のテストでは室温25度でHDDの温度が40.1度、室温35度で49.3度である。私がつかっているSeagateのBarracuda 7200.10のデータシートによると動作環境は0度から60度となっているから真夏の暑いときでも大丈夫そうだ。

筐体はとてもしっかりした作りになっている。箱からだすとアルミがひんやりと冷たかった。日本語マニュアルもついており、セットアップも簡単に終わった。

8月16日追記:たぶん今頃が1年で一番暑い時期であろう。エアコンなしの部屋なので日中35度くらいまであがっていると思う。HDDの温度は51度まであがっている。