その他

i2s DACの音の良さに驚愕した

正月休みに Raspberry Pi 3 で音楽プレーヤーを作ってみました。使ったのは Volumio という音楽プレーヤーに特化したLinux Distributionです。Raspberry Pi 用のイメージをダウンロードして、microSDカードにいれ、Raspberry Pi 3 の電源を入れればあっという間に音楽プレーヤーができあがります。

夜中にさかんに鳴いていたのはホトトギスだった

昨日、一昨日と突然夜中に鳥が鳴き始めました。ちょっとウグイスに似た鳴き声ですがウグイスではありません。私の住んでいる辺りは鳥の声を多く聞くことができます。ここに住み始めた頃、なんの鳥だろうと思って鳥の鳴き声ファイルをいくつかネットで集めたのを思い出し、片っ端から聞いてみるとすぐにわかりました。

CyangenMod 6 の 720p 動画撮影機能

Nexus One 用の CyanogenMod 6 で 720P 動画撮影機能が追加されています。これを試してみました。

QuickTime のムービーインスペクターによると 23fps くらい出ているようです。

ところで、YouTubeで Nexus One 720p で検索すると、たくさんのサンプルビデオがありますね。誰でも考えることは同じようで。

アルマナックからGPS衛星の位置を求める方法

アルマナックからGPS衛星の位置を求めるアプリ(試作)

GPS Test、GPS StatusなどAndroid端末のGPS信号受信状況を表示するアプリがいくつかあります。それらのアプリは現在のGPS衛星の位置を天空図に表示しています。そのためには現在位置からみた各衛星の方位角(Azimuth)と仰角(Elevation)が必要なのですが、これらのデータはアルマナックという衛星の軌道情報から計算で求めることができます。

PPSを使ったNTPサーバのためのカーネル設定

この記事はかなり昔のものです。最近のカーネルは最初からPPS対応になっており、カーネルの作り直しはしないでそのまま使えます。精度はオフセットが±20μsの範囲に収まる程度です。

=============================================================================================

GPSのPPS信号を使った Stratum-1 NTPサーバの作り方

Raspberry Pi上にGPSのPPS信号を使ったNTPサーバを構築する

GPSのPPS信号を使うと非常に高精度なNTPサーバが作れるそうなので、実際にRaspberry Piを使ってやってみました。GPSモジュールは測位計算をする時に非常に正確な時刻を得ることができます。これを利用してGPSモジュールの中にはPPS信号を出力するものがあります。PPSはPulse Per Secondの略で、正確に1秒間隔で出力されるパルス信号のことです。

  •  
  • 全 17 ページ中 1 ページ目
  • ››