Locale/Tasker の Secure Settings Plugin を使って ADBを自動的に無効にする

Last edited on 2012/06/05 (火) - 22:11
Localeの設定画面からSecure Settings Plugin を使う

先日、リモートロック、リモートワイプ、リモート位置検出をするアプリをインストールしてみたのですが、ルート化してある端末の場合、そんなことよりも ADB を塞いでおかないと大変なことになってしまいます。きっとアプリがあるのではないかと思って調べたのですが、ADBやロックパターンなどSettings.Secure クラスの設定はアプリからは変えられないということがわかりました。

やはり、手動でやるしかないのかとあきらめていたのですが、ありました。しかも、Locale / Tasker の Plugin です。これなら、自宅以外で ADBを無効にしておけば安心です。Google Play にあります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.intangibleobject.secur...

Secure Settingsについては、こちらの記事も参照ください。

Localeでの設定ですが、初期設定の設定値として Secure Settings の USB Debugging を Disabledにする設定にしています。USB Debugging を自動でEnableにする設定はしていないので、使いたい時だけ手動でUSB Debug をOnにしても、時間がたって Localeが状況を判定すると USB DebugがOffになります。