i2s DACの音の良さに驚愕した

正月休みに Raspberry Pi 3 で音楽プレーヤーを作ってみました。使ったのは Volumio という音楽プレーヤーに特化したLinux Distributionです。Raspberry Pi 用のイメージをダウンロードして、microSDカードにいれ、Raspberry Pi 3 の電源を入れればあっという間に音楽プレーヤーができあがります。

最初は愛用のFostexのHP-A4というUSB-DACを使って鳴らしていたのですが、あれこれ調べているうちに i2s DAC なるものの存在を知りました。Raspberry Pi のGPIOピンに挿して使うDACボードを使うとものすごくいい音がするというのです。しかも i2s DAC は数千円で買えるほど安価です。

ということで、Volumioと使う上では定番と思われる Hifiberry DAC+ というボードを買いました。Hifiberry のサイトで $28.90 + 送料 $8.00 でした。安いですね。

https://www.hifiberry.com/shop/

1週間で到着したので早速 Raspberry Pi 3 に装着して音を出してみました。

驚愕しました。音が良いとは聞いていたけれどこれほどとは。HP-A4を通して聴いていたときと区別がつきません。4万円近くしたUSB-DACなのに。