Drupal のTwitterモジュール - OAuth 対応

Last edited on 2010/11/01 (月) - 16:39

Drupal のTwitterモジュールは、記事を書くと「更新したよ!」というツイートを自動的にTwitterにポストします。TwitterでBASIC認証が廃止され、OAuth に変更されてしばらく使えなかったのですが、いつの間にかOAuth対応になっていたので早速設定しました。

1.必要なモジュールをインストールする

Twitter の twitter-6.x-3.x が必要です。stable ではなくbetaのほう。それと、OAuth モジュールが必要です。モジュールの管理ページで、Twitter と Twitter_signin と OAuth にチェックを入れて保存します。

2.Twitterの設定ページから Consumer keyとConsumer secretを設定する

そのためには Twitter.com へ行ってアプリの登録をする必要があります。DrupalのTwitterモジュール設定ページに、ここからアプリをレジストしてね、というリンクが張ってあるのでそこをクリックしてTwitter.comの該当ページに移動。コールバックURLは、さっきのDrupalのTwitterモジュール設定ページに表示されているので、それをコピペします。http://<サイト名>/twitter/oauth というURLになります。Default Access type はRead&Writeにしました。Twitterでログインする、はチェック無し。あとは適当でいいと思います。

登録できると、Comsumer keyとComsumer secretが得られるのでそれをDrupalの設定ページにコピペします。

3.OAuth 設定ページの encryption method

HMAC-SHA1 にチェックをいれます。

4.アカウントの設定

ここは運用の仕方で変わると思います。このサイトでは、記事を書くときに使うアカウントのアカウント情報からTwitterアカウントを設定しました。記事(ストーリーなどのノード)の編集ページでTwitterにポストするにチェックを入れて保存すると自動的にTwitterにポストできます。