ピーッ、ピッ、ピッ、ピッでグラフィックボードがイカれた

数日前、帰宅すると PCの電源が落ちていた。電源を入れ直してみると、いつもと違う「ピーッ、ピッ、ピッ、ピッ」というビープ音。画面は真っ暗。BIOSのBeep音を調べてみるとAMI BIOSの「ピーッ、ピッ、ピッ、ピッ」(長、短、短、短)はメモリーテストエラーのようだ。
こりゃマザーボードがイカれたかな? と思ってマザーボード交換を検討した。選択肢は2つ。

1) ちと古いが、同じ LGA775 のマザーボードを買ってくる
2) いまどきの新しいマザーボード、メモリ、CPUを買ってくる

いまどきLGA775のマザーボードとなると中古になる。まあ、あるだろうし、安く買えるだろう。使用中のCPUとDDR2メモリがそのまま使える。過去にも同じマザーボードを買い直したことがある。

だが、せっかく買い換えるのに何も変わらないんじゃつまらない。この際、ちょっとグレードをあげようか。と考えて、メモリ、CPUごと交換することにした。

とはいえ、新品を買うとかなりな出費になる。結局、中古でP7P55D LE、Core i3 540, DDR3メモリ2G x 4 を一万七千円ちょっとで購入。

さて、マザーボードを交換して起動してみるか。

「ピーッ、ピッ、ピッ、ピッ」(長、短、短、短)

あれ? 同じエラー音。。。。ということは。。。。どう考えてもグラフィックボードのせい。

しかたがない、グラフィックボードを新品に交換。最近のボードは安い。たいして性能はいらないので3200円のを買って交換。

無事に動いた。おかげで、何から何までグレードアップしてしまった。めでたし、めでたし、なのか?